株式会社 深沢工務所

HOME > 事業内容 > アンカー工 > ロックボルト工 > ロックボルト工(鉄筋挿入工)

ロックボルト工(鉄筋挿入工)

概要

比較的短い補強材を法面に多数挿入し、法面と鋼材の力の関係によって法面の崩壊を防ぎ安定性を高める工法です。

 

説明

モルタル吹付工や法枠工だけでは法面が安定しない場合に施工されます。施工方法→①削孔(法面に機械をつかって鋼材をいれるための孔をあけます)②ロックボルト挿入(鋼材を孔の中に挿入します)③グラウト注入(グラウンド材を挿入します)④緊張・定着(計画設計荷重まで載荷する)⑤頭部締付・処理(アンカーヘッドの裏に防錆材を入れ、ヘッドキャップに防錆油を入れ取り付ける)

 

特長

  1. 補強材、施工機械が軽量・小規模なため、迅速に作業でき工期短縮につながる。

 

 

[本社] 〒409-3302
山梨県南巨摩郡身延町手打沢1271番地
受付時間: 平日 AM 8:00 ~ PM 5:00

TEL:0556-42-2045㈹ FAX:0556-42-4306

Copyright © 2018 Sakatec. All Rights Reserved.