株式会社 深沢工務所

HOME > 事業内容 > 法面保護工 > ケイワンボンド工法 > ケイワンボンド工法

ケイワンボンド工法

概要

落下の危険性がある岩塊・落石を、高強度モルタルや接着モルタルを用いて地山に接着・固定することで落石防止につなげる工法。

 

説明

①洗浄工(接着の際に邪魔になってしまう土砂等を排除するために洗浄機で法面を綺麗にします。)②目地工(人力目地:ケイワンボンドと石片でひび割れしている部分を埋める。吹付目地:吹付機械で目地モルタルを吹付ける。)③固定工(岩・石を固定するために、高強度モルタルを厚さが同じになるように吹付ける。)④注入工(ケイワンボンドを注入し、機械で出来高の確認をします。)

 

特長

  1. 施工後に維持管理が不要なので経費削減につながる。
  2. 震度5以上の振動にも耐えることができるので安全性が高い。
  3. 小型で軽量な機械を使用し人力作業で行うため、狭い場所での施工も可能。

 

 

[本社] 〒409-3302
山梨県南巨摩郡身延町手打沢1271番地
受付時間: 平日 AM 8:00 ~ PM 5:00

TEL:0556-42-2045㈹ FAX:0556-42-4306

Copyright © 2018 Sakatec. All Rights Reserved.