株式会社 深沢工務所

現場吹付法枠工

概要

法面の崩壊・凸凹等の現場状況に合った法枠を造成し、崩壊や浸食を防ぎ法面の安定を図る工法です。多くの法面に取り入られており、アンカーやロックボルトの反力構造物などにも利用されます。

 

説明

斜面に型枠を設置しモルタルを吹付た後、枠内部に石張・ブロック張、モルタルや植生吹付等を状況に合わせて行います。その他にもプレキャスト枠工や現場打コンクリート枠工など現場条件等によって工法が使い分けられます。

 

特長

  1. 法面の高さや表面の状況に合わせて施工可能。
  2. 基礎コンクリートが不要なため、工期の短縮が見込まれる。

 

 

[本社] 〒409-3302
山梨県南巨摩郡身延町手打沢1271番地
受付時間: 平日 AM 8:00 ~ PM 5:00

TEL:0556-42-2045㈹ FAX:0556-42-4306

Copyright © 2018 Sakatec. All Rights Reserved.